すずきあさこの日記です。
ふだんはイラストを描いています。
2018 仕事始め

2018年が始まりました。

今年もよろしくお願いします。

 

2017年は、舞台や映画、展示観に行くことがずいぶん多く、刺激をたくさん受けた1年でした。

インプットするとアウトプットしたくなるもので、アタマが絵を描くテンションになってきていて嬉しい私です。

 

実は子どもとの生活が始まってから、子どもへ集中してしまっているせいか、自分の描きたいものがなかなか見つけられないでいました。

仕事などきっかけがあれば描いていけるのですが、何もない白い紙には何を描いたらいいやら、自分がなくなってしまったようで焦るばかり。。

でも子どもが小学校へあがって、自分の時間が増えてきて、あれこれ観たり、聴いたりしているうち、描けそうかも、という点が線になっていくのを感じました。

そんなわけで、描けそうかもな線をどんどん伸ばして、今年こそはカタチにしていけたらいいな、と思っています。

 

 

日々のあれこれ comments(0) -
リンゴ狩り

 

善積農園のリンゴ狩りイベントへ行ってきました。
善積さんとは、10年ほど前に実のなったリンゴの木が見てみたくて、連絡してみたのがきっかけでのおつきあい。
赤い実をたわわにつけるリンゴの木とそれが並ぶリンゴ畑の美しくて可愛らしい風景といったら!
私はこの日の感激を忘れることはできません。
そしてリンゴのおいしさも自分が今まで食べてきたリンゴとは全く違って、採れたてを出荷してくださるので、実がぱりっとしてますし、甘い品種も甘いだけじゃなく酸味もあって、味が濃いってこういうことだなーと。
そんなわけで、毎年リンゴをお取り寄せしています。

この日はあいにくの雨降りでしたが、フォトジェニックな景色は変わらず。
大きくて赤い実に枝がしなって、昔読んだ話そのまま、早く採ってくださいとしゃべりだしそう。
この景色、娘にも見せたいな、と思っていたので、本当にすてきな時間になりました。
来年もリンゴ狩りイベントが行われますように。

 

前の日には駒ヶ根の御宿・分校館という宿に泊まりました。
昔の学校をリノベーションして作られたという建物は、宮沢賢治の童話にでてきそうな味わい深さ。
いろりを囲んでの食事や読んでみたい本ばかりのフリースペース。。
決して広くはないけれど、温泉宿に泊まるより、ゆったりした気持ちで過ごすことができました。
こちらの宿にもまたぜひ行きたいな。

日々のあれこれ comments(0) -
BUSTER KEATON

夏のはなし。

毎年娘連れで、フィルムセンターで行われている「こども映画館」へ行きます。

その名の通り子ども向けの映画上映会なのですが、古かったり珍しかったり、でも子どもも見やすい国内外の上映され、それがとても興味深いラインナップなのです。

 

今年はキートンの『セブンチャンス』を観てきました。

恥ずかしながら、私もキートン初体験。

活弁士さんが入るとはいえ、白黒/サイレントの映画は難しいかなと思っていましたが、それは大きな間違いで、映画はセリフがなくても伝わるよう作られており、次々に起こるアクシデントに子どもたちは大興奮に大笑い、拍手喝采で幕を閉じました。

昔の映画館はこんなふうに上映されていたんでしょうね。

 

そんな経験を夏にしまして、すっかりキートンファンになってしまった私ですが、タイミングよくシネマヴェーラ渋谷でキートンを中心とした『蘇るニコニコ大会』が催されましたよ。

ロイドもマルクスブラザーズも初体験。

古い映画のはずなのに、画面の中からは新しさと楽しさばかり。

文化には、古い新しいはあっても、それが優劣ではないのだなーとしみじみ思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々のあれこれ comments(0) -
ゆめのつづき

 

 

8月、夏休みの娘はダンスのワークショップに参加した。
大好きなダンサーさんが担当していたこともあって、私も娘もウキウキな1ヶ月。。
最後はとても大きな舞台でお披露目させてもらい、

ずいぶん良い気分を味わえたようでしたが、

それ以上に終わってしまったことに2人して落ち込んでしまい、

〇〇ロスって、こういうことか〜としょげしょげです。

 

そんなこともあって9月は、8月の夢の続きが見れないか、娘とちょこっと頑張っていました。
娘が1人では頑張りきれないところを親が手伝って、あれこれ。。
そんな時間も今だから。あと2、3年したら、1人で挑戦していくんでしょうね。
頑張りの結果はまだわかりませんが、親としてはとてもすてきな時間を持てて大満足です。

日々のあれこれ comments(0) -
「イラストでわかる 都道府県じてん」(成美堂出版

 

 

中部、近畿地方の名産/お祭りのカットを描かせていただきました。

小学生向けですが、各地域のことが細かく載っていて興味深く楽しい本です。

特にお祭りは行ってみたくなります。

 

 

 

 

 

お仕事 comments(0) -
| 1/5 | >>