すずきあさこの日記です。
ふだんはイラストを描いています。
BUSTER KEATON

夏のはなし。

毎年娘連れで、フィルムセンターで行われている「こども映画館」へ行きます。

その名の通り子ども向けの映画上映会なのですが、古かったり珍しかったり、でも子どもも見やすい国内外の上映され、それがとても興味深いラインナップなのです。

 

今年はキートンの『セブンチャンス』を観てきました。

恥ずかしながら、私もキートン初体験。

活弁士さんが入るとはいえ、白黒/サイレントの映画は難しいかなと思っていましたが、それは大きな間違いで、映画はセリフがなくても伝わるよう作られており、次々に起こるアクシデントに子どもたちは大興奮に大笑い、拍手喝采で幕を閉じました。

昔の映画館はこんなふうに上映されていたんでしょうね。

 

そんな経験を夏にしまして、すっかりキートンファンになってしまった私ですが、タイミングよくシネマヴェーラ渋谷でキートンを中心とした『蘇るニコニコ大会』が催されましたよ。

ロイドもマルクスブラザーズも初体験。

古い映画のはずなのに、画面の中からは新しさと楽しさばかり。

文化には、古い新しいはあっても、それが優劣ではないのだなーとしみじみ思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々のあれこれ comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>