すずきあさこの日記です。
ふだんはイラストを描いています。
BUSTER KEATON

夏のはなし。

毎年娘連れで、フィルムセンターで行われている「こども映画館」へ行きます。

その名の通り子ども向けの映画上映会なのですが、古かったり珍しかったり、でも子どもも見やすい国内外の上映され、それがとても興味深いラインナップなのです。

 

今年はキートンの『セブンチャンス』を観てきました。

恥ずかしながら、私もキートン初体験。

活弁士さんが入るとはいえ、白黒/サイレントの映画は難しいかなと思っていましたが、それは大きな間違いで、映画はセリフがなくても伝わるよう作られており、次々に起こるアクシデントに子どもたちは大興奮に大笑い、拍手喝采で幕を閉じました。

昔の映画館はこんなふうに上映されていたんでしょうね。

 

そんな経験を夏にしまして、すっかりキートンファンになってしまった私ですが、タイミングよくシネマヴェーラ渋谷でキートンを中心とした『蘇るニコニコ大会』が催されましたよ。

ロイドもマルクスブラザーズも初体験。

古い映画のはずなのに、画面の中からは新しさと楽しさばかり。

文化には、古い新しいはあっても、それが優劣ではないのだなーとしみじみ思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々のあれこれ comments(0) -
ゆめのつづき

 

 

8月、夏休みの娘はダンスのワークショップに参加した。
大好きなダンサーさんが担当していたこともあって、私も娘もウキウキな1ヶ月。。
最後はとても大きな舞台でお披露目させてもらい、

ずいぶん良い気分を味わえたようでしたが、

それ以上に終わってしまったことに2人して落ち込んでしまい、

〇〇ロスって、こういうことか〜としょげしょげです。

 

そんなこともあって9月は、8月の夢の続きが見れないか、娘とちょこっと頑張っていました。
娘が1人では頑張りきれないところを親が手伝って、あれこれ。。
そんな時間も今だから。あと2、3年したら、1人で挑戦していくんでしょうね。
頑張りの結果はまだわかりませんが、親としてはとてもすてきな時間を持てて大満足です。

日々のあれこれ comments(0) -
「イラストでわかる 都道府県じてん」(成美堂出版

 

 

中部、近畿地方の名産/お祭りのカットを描かせていただきました。

小学生向けですが、各地域のことが細かく載っていて興味深く楽しい本です。

特にお祭りは行ってみたくなります。

 

 

 

 

 

お仕事 comments(0) -
「かぞくのじかん vol.40」(婦人の友社)

 

 

カラフルに、というご依頼だったので、赤、青、黄色を意識して描いてみました。

おもちゃみたいで、好きな色合わせです。

お仕事 comments(0) -
首都圏発 親子でおでかけ

 

「首都圏発 親子でおでかけ」(交通新聞社)

表紙、中面のイラストを描かせていただきました。

旅行している気持ちになれる、楽しいお仕事でした。

今はSLに乗ってみたい。

 

 

 

お仕事 comments(0) -
<< | 2/5 | >>